緊急連絡

(緊急連絡)
 緊急メールアドレスはこちらになります。
 (迷惑メール防止のため画像でお知らせしています)
  緊急メールアドレス
ページの先頭へ戻る

 緊急時の対応


交通機関が途絶した場合の登校について(生徒手帳 P29)

愛知県教育委員会ならびに本校としては、生徒の教育を確保する立場から、下記の措置をとります。
1 始業時刻は平常どおりとし、原則として授業を実施します。
2 遠隔地で、どうしても出校できない生徒は、必ず学級担任に連絡してください。
3 災害等により公共交通機関の運行に遅延が生じた場合は、最寄駅にて遅延証明書を発行してもらい 学級担任に提出してください。

緊急時の対応メニューへ戻る

台風時(暴風・暴風雪警報発令時)における登下校について(生徒手帳 P30)

1 登校する以前に、尾張西部または尾張東部に暴風警報または暴風雪警報が発令されている場合
(1) 午前6時35分までに警報が解除された場合は、平常どおり授業を行います。
(2) 午前6時35分から午前11時までに警報が解除された場合は、解除後2時間を経て授業を始めます。
(3) 午前11時以降警報が継続されている場合は、授業は行いません。
 上記(1)、(2)の場合、通学路の冠水、河川の増水等により登校が危険なときや、交通機間の途絶等により登校が困難なときは、 無理に登校しないでください。なお、その際は学級担任に連絡してください。

2 登校後に、尾張西部または尾張東部に暴風警報または暴風雪警報が発令された場合
 授業を中止し、安全を確認して生徒を速やかに下校させます。
 ただし、通学路の通行が危険と認められるときや通学距離等により帰宅が困難と認められるときは、 当該生徒の安全を校内において確保します。

緊急時の対応メニューへ戻る

特別警報発令時の対応について(生徒手帳 P31)

1 登校する以前に、尾張西部または尾張東部に特別警報が発令されている場合
(1) その日の授業は行いません。
(2) 特別警報が解除されても、その日の授業は行いません。
(3) 解除後(翌日以降)の授業の開始については、ホームページ等により伝達します。
 (3)の場合でも、通学路の冠水、河川の増水等により登校が危険なときや、交通機間の途絶等により 登校が困難なときは、無理をして登校しないようにしてください。なお、その際は学校に連絡してください。

2 登校後に、尾張西部または尾張東部に特別警報が発令された場合
(1) 授業は中止とします。学校の指示に従い校内で待機し、安全確認に努めます。
(2) 特別警報が解除されても、災害の状況及び気象、交通機関、通学路の状況等から、 生徒の帰宅が困難とが危険と認められるときは、引き続き学校の指示に従い校内で待機します。
(3) 学校からの指示のもと、保護者との連絡を取れるように努めます。

緊急時の対応メニューへ戻る

大規模地震に関する緊急時の対応について(生徒手帳 P32)

1 南海トラフ地震等大規模地震が起きた場合は、学校から連絡があるまで待機とします。 また、交通機関・通信手段の途絶などにより登校できない場合は、安全が確保できるまで登校しないでください。
2 「南海トラフ地震に関する情報(臨時)」が発表された際の授業の取り扱いについて
(1) 原則として授業等の教育活動については、継続します。
(2) 本情報が発表されたときは、地震への備えを再確認してください。
(3) 新たな防災対応が定められた場合は、別途連絡通知します。

緊急時の対応メニューへ戻る ページの先頭へ戻る

 「マチコミ」メール

「マチコミ」とは本校で行っている携帯メールによる連絡網のことです。
 メールアドレスを連絡網に登録していただくと、
・ 緊急連絡
・ 子どもの安全を守るための不審者情報等
・ 体育祭など学校行事の中止連絡

など、より早く、より確実に受け取ることができますので、1人でも多くご登録いただきますようお願いします。
 なお、登録方法については年度当初に、登録方法を掲載したプリントを配布しております。あらためてプリントの配布を希望される方は担任まで連絡をお願いします。
 このシステムは、年会費、契約料等の費用はかかりませんが、メールのパケット料金がかかります。「マチコミ」よりアンケートメールが届きますが、返信は自由です。
(登録について)
・ 保護者の登録については、「M(または学科名)・一工太郎の母」のように登録をお願いいたします。
・ 兄弟姉妹等でお子様が複数の場合は、学年毎で登録願います。
・ 卒業時に登録情報は一括で削除いたします。
・ メールが届かない場合やフィルタリング、ドメイン指定受信等は各プロバイダにご確認下さい。

詳しくは、こちらへ  「マチコミ」

ページの先頭へ戻る

 災害用伝言ダイヤル

 災害用伝言ダイヤル(171)とは、地震、噴火などの災害の発生により、被災地への通信が増加し、つながりにくに状況になった場合に提供が開始されるものです。
 本校では南海トラフ地震等の災害発生時に災害用伝言ダイヤル(171)を使用します。災害発生後は学校からのメッセージを確認と、安否、被害状況を学校へ連絡してください。(生徒手帳p32~33)
 家族で災害伝言ダイヤルについて話し合い、被災した場合の利用方法を確認しておいてください。
① 学校での状況を確認する場合(伝言の再生方法)
 「171」 → 「2」 → 「0586-76-2255」 
 → (プッシュ式の電話機は最後に「#」をプッシュ) → 再生
(再生例)

「一宮工業高校です。生徒は全員学校に無事避難しています。」
「一宮工業高校です。学校の再開は現在検討中です。学校から連絡があるまで自宅で待機してください。」

② 安否、被害状況についての学校への連絡方法(伝言の録音方法)
 「171」 → 「1」 → 「自宅の電話番号」→ 録音
 (市外局番から入力、携帯電話の電話番号は利用できません)
(録音例)
「1年1組の一工太郎です。怪我もなく自宅で待機しています。」
「2年1組の一工次郎です。登校中に震災に遭いましたが、○○小学校に避難し無事です。」

災害用伝言ダイヤルの利用方法についてはこちらへ(NTT西日本)
ページの先頭へ戻る

 AEDについて

AED  本校は、あいちAEDマップ掲載校です。
 スポーツ大会などでAEDによる電気ショックと多くの人の速やかな連携で、大切な命が救われたニュースを数多く聞きます。 AEDには音声ガイド機能があり、その通りに操作すれば誰でも使える機器です。

 本校では、本館玄関正面に備えてあります。
 そして、教職員も緊急時の使用講習を受けていますが、もしもの時、あなたのチームメートやあなたのそばにいる人が倒れたとき、 すぐに助けることができるように、下記で使い方をチェックしておき、万一の時、勇気を振り絞って行動してください。

あいちAEDマップ

心肺蘇生法委員会

ページの先頭へ戻る