進路指導

(目 標)
第1学年:
 将来に向けて、職業人、産業人として役立つために必要な人間形成を行うとともに、 これに必要な進路に関する指導を行い、自主的に進路を選択選定することが出来るように 一般的な能力を伸ばす。(自己理解)
第2学年:
 将来の進路を考慮して進路に関する基礎的な知識・情報を与え、生徒の職業生活の設計に 必要な助言や援助を行い、社会人・職業人として必要な資質・態度の向上をはかる。(進路実情の把握)
第3学年:
 自己に適応する職業・職場あるいは大学などを選択する判断と、意志決定に直接役立つ助言と 援助を積極的に行い、さらに将来の職業生活によりよく適応できるよう指導援助する。(進路の決定)

 インターンシップ

望ましい勤労感・職業感を育成する取組です
(目 標)
1 インターンシップを通して実社会の知識や技術に触れ、日頃の学習活動と結びつけることにより、 学習意欲を高める。
2 自己の職業適性や将来の就職に向けての機会ととらえ、進路の選択に際して、必要な職業観や勤労観の 育成に役立てる。
3 地域社会や産業界とのパートナーシップを図る。

 キャリア教育

1 キャリア教育を推進する中で、社会人基礎力(アクション、シンキング、チームワーク)を育てる。
2 各学年で行う進路説明会を通して、人としての生き方や在り方について考えることで、人生設計を主体的に 構築する能力を育てる。
3 インターンシップの実施を通して、勤労の尊さと職業観を体験的に育てる。
4 進路シミュレーションを通して自己の個性を理解し、社会や職業の意義・目標を考えるとともに主体的に 行動できる能力や態度を育てる。
5 面接指導を通して社会人マナーの向上に努める。
ページの先頭へ戻る